主婦・OL・学生・女性に大人気のネイリスト検定資格!ネイリストが活躍できる働き方

ネイリストのお仕事にはどのような働き方があるでしょうか?
私が一番最初に思いついたのは、ネイルサロンや美容院にお勤めのネイリストさんの姿でした。

しかし、ネイリストの活躍の場はそれだけではありません。実は働き方の選択肢がとても多い仕事なんです。
ですから、女性にとっては結婚や出産で生活の環境が変わったとしても対応しやすいというメリットがあります。

今日は、多くのネイリストが活躍している働き方のスタイルをいくつか紹介させて頂きます。

ネイルサロンに就職して働く

憧れのネイルサロンで働くスタイルです。
就業形態は、正社員、パート、アルバイトなど様々ですから自分のライフスタイルに合わせた働き方をすることが出来ます。

サロン就職の最大のメリットは、先輩スタッフの技術を身近で見られるということです。
施術の技術はもちろんの事、接客のスキルや店舗運営の知識も肌で感じることができます。

また、雇用されているという安定感も大きなメリットと言えます。安定的な収入を確保できる上に、集客やセールス活動は会社が行ってくれるので、スタッフは施術に集中することができますから技術の習得がスムーズです。

美容院のネイリストとして働く

美容院のネイルスタッフとして働くスタイルです。
美容院のネイリストとして働くメリットは、美のトータルケアをする場で流行の最先端に触れることができるということです。

美容院のスタッフの一員となって働くため、業務内容はネイル専門サロンと比べると多岐にわたる場合があります。
ネイルの施術に入っていないときには、洗い物や洗濯などの裏方仕事を行うこともあるかもしれません。

そのほかにも電話対応や受付業務など、ヘアサロンとしてのお客様のご案内も大切な仕事のひとつになりますので、多くの業務を任せられるオールマイティな人材に成長できる環境とも言えます。

ヘアサロンの忙しさはチームワークが大切なので、より一層やりがいを感じることが出来る環境で成長することが出来ます。

個人サロン・自宅サロンを開業する

個人でサロンを開業するというスタイルです。
テナントを借りてサロンを経営する選択肢もありますが、始めのうちは開業資金が少なくて済む自宅サロンから始める方が多いです。
自宅の一室をサロンにすることで、新たに用意する大ものは机とイスくらいで済みます。

狭いスペースでも施術ができるというのはネイルのメリットですので、このメリットを生かして開業することは非常に効率的です。

また、個人サロンは完全予約制にしておくことにより自分自身の拘束時間大幅に削減することができます。
予約が入った時にだけお店を開ければ良い訳ですから、無駄な時間を過ごさずに済みますね。

時間の管理を自由にでき自分で予定をコントロール出来ることから、お子さんが保育園や学校に行っている間だけ働きたい子育て中の方や、家事以外の空いた時間を仕事に充てたい主婦の方に向いている働き方と言えます。

一度サロンで経験を積んでから開業される方もいれば、すぐに自分のお店を持つ方もいらっしゃいますのでその点においても自由です。

ネイルチップ専用ネイリストになる

お店は持たず、出張やインターネットを使ってネイルチップを販売するスタイルです。

こちらのショップが印象的なのでぜひ見てみてほしいのですが、プロのネイリストさんたちが作ったネイルチップを販売しているサイトです。
ネイルチップを買うなら【ミチネイル】

インターネットを使っての販売になるので、日本全国どこへでも自分のネイルを発信できるし、もしかしたら国境を越えて世界中のお客様に楽しんでいただけるかもしれません。

特に海外では、アニメキャラのデコネイルや3Dデコネイルが人気なので可能性が広がりそうですよね。

さらに、お客様の中には、ネイルアートを楽しみたくても仕事柄できない方もいらっしゃいますよね。
そのようなお客様にはネイルチップでネイルアートを楽しんでいただくことが叶います。

例えば、結婚式やパーティーなどの特別な日の為に、事前にお客様の爪のサイズを測り、チップのカウンセリングを行います。
その場でチップを作成するのではなく、完全受注製作とすることにより納品まで日数を稼ぐことができます。それにより、いくつかのオーダーを並行して行うことができるため、効率がいいです。

ですから、副業でも、自宅サロンでも、子育て中でも、技術さえあれば活躍の機会があるんです。

さぁこ
私は自分の結婚式にネイルチップ専門ネイリストさんに依頼したことがあります。

私は自分の結婚式のときに、ブライダルネイルチップ専門で活躍していらっしゃるネイリストさんにお願いしました。

どのようなお仕事スタイルなのかというと、彼女は自分の店舗を持っていません。
では、どこで打ち合わせを行うのかというと、結婚式のヘアメイクを担当してくれる美容院内です。

ネイリストさんが自ら美容師さんに売り込みをして、「ブライダルネイルチップ」を花嫁さんに紹介してもらうというスタイルでした。
ですから、打ち合わせもその美容院の一角を間借りして30分ほどでカウンセリングを済ませてくれます。

確かに、美容師とネイリストが連携するということは、ヘアメイク・ドレスとのトータル的なスタイリングができるので客の立場からして嬉しかったです。

ネイルチップは一律10,000円という金額でした。一般的には高額に感じますが、ブライダル用品にしては並みの価格かなと思います。
(ここが稼げるポイントなのかも)
しかも、結婚式の後も自宅に飾っておけるというところも特別感がありました。

まとめ

ネイリストは道具と技術さえあれば、狭いスペースで施術できる魅力のある仕事です。
女性の場合は、結婚や出産で人生の中で働き方の選択を迫られる時にも、働き方の自由度が高く安心して働き続けることができます。

資格がなくても「ネイリスト」を名乗ることはできますがネイリスト検定で知識と技術を得ることで、名刺や履歴書に堂々と書くことができます。
そして何より、
お客様からの信頼や自分自身のプロ意識も一層高まります。

関連記事≫

「ブライダルネイルチップ専門ネイリストという働き方。実際に結婚式の付け爪を注文した話」

「ネイル検定を独学か通信講座どっちにするか迷うとき!状況別の選び方ポイント」