ネイリスト検定3級を個人受験するときの申し込み方法

独学でネイリスト検定を受験したい方は、ご自分で個人申し込みをしなければなりません。

さぁこ
個人申し込みってどうやってやるの!?

と、お困りの方の為に、今回は独学で検定を受けるための申し込み方法をご紹介します。

まずは要綱を入手しよう

受験の申し込みをする前に、要項を入手してよく読んでおきましょう。

要項には、申し込み方法から、どのような検定内容なのか場所はどこなのかなどの基本的な情報だけではなく、格へ導いてくれる重要な内容がたくさん書かれています。

ですから、受験を決めてから試験当日まで何度も熟読する必要があるものになります。

早めに入手して読み返しておくと良いでしょう。

要項の入手方法は2通りあります。

要項入手方法
・JNECホームページからダウンロードする
・郵送で請求する

どちらの方法でも構いませんが、手元に置いていつでも開けるようにしておきたいので、ダウンロードの場合であってもプリントアウトしておくことをお勧めします。

申し込み方法

申し込み方法は2通りあります。

2つの申し込み方法
・WEBで申し込みをする
・郵便局で振り込み(申し込み)する


それぞれについて詳しくご紹介します

WEBで申し込む方法

JNECホームページにアクセスし、「受験手続(個人の申し込み)」へ進み必要事項を入力します。

その後、受験料の支払い方法を選択し、クレジットカードによる支払かコンビニでの支払かを選ぶことができます。

支払いは申し込みから3日以内という決まりがあります。

申し込み確定は支払い終了後となりますので、支払いがない場合は申し込みが無効となってしまいます。遅れずに支払いをするよう注意しましょう。

また、WEBでの申し込みの場合は、申し込み完了連絡がメールで届きます。

迷惑メールフィルタで受信できないというトラブルがないよう、指定のアドレスを受信できる状態にしておきましょう。

申し込み作業がすべて終了し、申し込みが確定すると後日事務局から受験票が郵送で送られてきます。

受験票は当日携行する大切なものになりますので、紛失しないようにきちんと保管しておきましょう。

郵便局で申し込む方法

JNECホームぺージで受験要項を郵送で送ってもらうよう請求します。

届いた要項には、払込取扱票(申込書)がついていますので、そちらを記入し、受験料を郵便局で振り込みます。

払込取扱票の記入の仕方は、要項に記入例がついています。よく確かめながら間違いの無いように記入していきましょう。

振込手数料は申込者の負担となります。

申し込み作業がすべて終了し、申し込みが確定すると後日事務局から受験票が郵送で送られてきます。

受験票は当日携行する大切なものになりますので、紛失しないようにきちんと保管しておきましょう。

郵便局で振り込みをする場合は、必ず払込金受領書を受け取り受験票が届くまで保管して下さい。

まとめ

申し込み方法は2通りありますが、いずれもまずは要項をよく確認する必要があります。

JNEC(公益財団法人日本ネイリスト検定試験センター)のホームページにはとても詳しく情報が公開されていますので確認してみましょう。

関連記事≫
「ネイリスト検定独学受験のメリットとデメリット&向いてる人と向いてない人の違い」

「ネイリスト検定はいつ行われている?受験できる場所はどこ?」