ネイリスト検定とネイルの資格にはどんな種類があるの?

ネイルに関する資格はどのようなものがあるか知っていますか?

私はネイリスト検定を受験すると決めて試験について調べているとき、検定が何種類かあることを知りました。
そこでこの記事では、ネイルの資格・検定試験の種類と試験の主催元について調べたことをまとめてみようと思います。

ネイルの資格をとりたい方の参考になれば嬉しいです。

ネイリストになるために必要な資格・免許

ネイリストは、美容師やアイリストと違って国家資格が必要ではない職業です。
ですから、美容師と同じ美容業界の仕事なのに「ネイリストは免許制度ではない」のです。(アメリカではネイリストは国家資格です。)
もちろん、国が定めた学校や講座もありませんから、極端な話をすると、今の日本では技術さえあれば誰でもなることができます。

ネイリスト検定資格の役割

先ほども書いた通り、ネイリストになるには国が定めた資格は必須ではありません。
では、どのようにして「腕のいいネイリスト」「人気のネイリスト」という信頼を得るのでしょうか?そこで、ひとつの目安として示すことができるのが「資格の有無」です。

いくら免許制でないとはいえ、お客様の施術をするにあたり正しい技術や知識は必須です。
ですから、専門的な知識や技術を習得しているプロフェッショナルであるということを証明をするために検定試験が存在します。

ネイリスト検定の種類

それでは、日本に存在するネイルの検定の中でも圧倒的に知名度が高い検定試験をいくつかご紹介します。

JNECネイリスト技能検定

JNEC(公益財団法人日本ネイリスト検定試験センター)が運営している検定試験です。
この団体は、内閣府の認定を受けており、日本で一番歴史が深いネイルの検定試験になります。
知名度と資格所有者が圧倒的に多い検定がこちらです。

試験は実技試験と筆記試験の2部構成となっており、難易度は3級、2級、1級に分かれています。
受験者は、どんなに技術がある人でも突然1級を受けられるということはなく、必ず3級からの順を追った受験スタイルになります。
飛び級はできません。

JNECネイリスト技能検定3級

試験概要 ネイルケアとネイルアートに関する基本的な知識と技術(ネイルケア・ネイルアート)
試験時期 年4回 (例年7月、10月、1月、4月)
受験資格 義務教育を修了した方
合格率 83.42% (2017年秋期までの累計)

 

JNECネイリスト技能検定2級

試験概要 サロンワークで通用する知識と技術(ネイルケア、アート、リペア、チップ&ラップ)
試験時期 年4回 (例年7月、10月、1月、4月)
受験資格 ネイリスト技能検定試験3級取得者のみ
合格率 39.99% (2017年秋期までの累計)

 

JNECネイリスト技能検定1級

試験概要 トップレベルのネイリストとして必要な総合的技術と知識
試験時期 年2回 (例年10月、4月)
受験資格 ネイリスト義の縫検定試験2級取得者のみ
合格率 36.77% (2017年秋期までの累計)

 

受験者数が年々増えている傾向にあり、試験内容もだんだん厳しくなっていると聞いたことがあります。
資格取得を考えているなら、難易度が上がる前に合格してしまいたいですね!

上記のデータは、JNEC 公益財団法人日本ネイリスト検定試験センターの公式サイトより引用させていただきました。
試験概要や試験案内を詳しくご覧になりたい方は公式サイトでご確認ください。

 

JNAジェルネイル技能検定試験

JNA(日本ネイリスト協会)が主催している、ジェルネイルに特化した検定になります。お客様が安心して施術を受けられる健全なジェルネイルの普及を目的としています。
ジェルネイルの流行によりプロのネイリストだけではなく、一般の方の受験も増えています。
難易度は初級、中級、上級に分かれます。

JNAジェルネイル技能検定初級

試験概要 ネイル、ジェルネイルに関する基礎知識(ネイルケア、カラー、ジェルカラー、ジェルアート)
試験時期 年2回 (例年6月、12月)
受験資格 義務教育を修了している方
その他 ネイリスト技能検定3級以上の取得者は実技試験第一課題(ネイルケア)は免除となる

 

JNAジェルネイル技能検定中級

試験概要 サロンワークで通用するネイルカラーとジェル技術(ネイルケア、ジェルオフ、ジェルイクステンション、ジェルグラデーション、ジェルフレンチカラーリング)
試験時期 年2回(例年6月、12月)
受験資格 JNAジェルネイル技能検定初級合格者
その他 特になし

 

JNAジェルネイル技能検定上級

試験概要 ジェルネイルのスペシャリストとして総合的な知識と技術(ジェルクリアスカルプチュア、ジェルチップオーバーレイ、ジェルフレンチ、ジェルアート
試験時期 年2回(例年6月、12月)
受験資格 JNAジェルネイル技能検定中級合格者
その他 特になし

JNAのジェルネイル技能検定試験も先ほどと同様に飛び級受験することはできません。
初級から順を追って受験していくことになります。
ネイリスト技能検定3級の合格者は、ジェルネイル技能検定初級の実技第一課題が免除になるのでメリットが大きいですね。

上記のデータは、JNA(NPO法人日本ネイリスト協会)より引用させていただきました。
詳しくは公式サイトでご確認ください。

まとめ

ネイルの検定にはいくつかの種類がありますが、日本で知名度が高く就職にも有利なのは上記の団体が主催している検定です。
いずれもまずは3級に合格することで更に上の級を受験する資格を得ることができるようになります。

ネイルはデザインの華やかさだけではなく、人の体の一部に触れるという繊細な仕事です。
ネイリスト技能検定3級の学習から知識と技術の基礎をしっかりと身に付けることをおすすめします。

関連記事≫
「ネイリスト検定独学受験のメリットとデメリット&向いてる人と向いてない人の違い」
「独学でネイリスト検定を受けたい!と思ったらまず最初にやること」